1. HOME
  2. ブログ・お知らせ
  3. 【Facebook】19.3.6 ホテル×島前高校の授業振り返り
ブログ
【Facebook】19.3.6 ホテル×島前高校の授業振り返り
2019/03/06
こんばんは、レストランの笠原です。

隠岐島前高校とマリンポートホテルとがコラボした新たな取り組み、2018年度「生活ビジネス教養」の授業を振り返る特集記事ができました!

<特集記事はこちら>
http://www.dozen.ed.jp/interview/895/

ホテルをフィールドとして高校の授業を行うことになった経緯や、ホテルスタッフの「マイプロジェクト」(スタッフが個々に掲げた仕事の目標)について、高校生の視点から達成に向けてサポートしてもらう授業構成の中で、それぞれに気がついた自分たちの課題、次第に変わっていく様子、授業の成果として得られた事等について書かれています。

私自身のマイプロは「新人の立場から、より良い社員教育の仕組みをつくる」でした。2018年からホテルに入社して、自分が仕事を覚える中で、今後新しいスタッフが入社した際になるべく早く高いレベルで仕事をキャッチアップできるような仕組みを作りたいと考えたからです。

実際に授業が始まると、高校生にマイプロについて伝えれば伝えるほど、自分の中で曖昧になっていた部分や、そもそも本当の課題はどこにあるのかなど、深掘りできる部分がありました。一方で、記事にもあるように、私も高校生に「何かを教えなきゃ」という気持ちになってしまい、フラットに相談したり、一緒に考え抜いたりしきれなかったのが反省点です。
同じチームの高校生の子たちに対して、勝手に先生みたいな気持ちになってしまい「こういう流れだとまとめの発表がしづらいかな」とか「本当はこれも考えたいけど、テーマが多くて困るかな」と、小さくまとまろうとしてしまい・・・
もっと正面から対峙して、一緒に悩み抜けばよかったです。でも、それに(最後の方ですが)気がつくことができて、人とのコミュニケーションのあり方や仕事の進め方、自分の特性など、色々と学びがありました。

単純に、普段中々関わることの少ない島の高校生と出会い、話し、この島の未来を担っていく子たちのことを少しでも知ることができたことも、とても良かったです。一緒のチームでマイプロを応援してくれた3人、どうもありがとう。

社長曰く、これからも教育とのコラボに本気で取り組みたい!ということですので、色々とつながりが増えていくと思います。
私たちホテルスタッフも、次が更に素敵な取り組みとなるよう、本気で臨みたいです。今後とも宜しくお願いします。