1. HOME
  2. ブログ・お知らせ
  3. 【Facebook】19.7.5 島の観光会議
ブログ
【Facebook】19.7.5 島の観光会議
2019/07/17
7月7日 日曜日 午前10時より「島の観光会議」をマリンポートホテル海士にて行います。

今回は、国土交通省観光庁の長官、田端浩氏が来島し、『~地域における、これからの観光の役割とは~』を議題に、

海士町のみなさんにも参加していただけるかたちのシンポジウムとなります。

今まで島内外の観光関連事業者の方々と検討会や意見交換会を行って来ましたが、

観光は地域の総合産業であると考え、島全体で観光を考える機会を作りたいと思いました。

急なご連絡となり恐縮ですが、ご興味あられる方は、観光業をされているかどうかは全く関係なく、

ぜひふるってご参加ください。

-----

「島の観光会議 ~地域における、これからの観光の役割とは~」

◎日時:7月7日(日) 10∫00~12∫00  ◎場所:マリンポートホテル海士

◎主催:海士町役場交流促進課

◎ゲスト:田端浩氏 (国土交通省観光庁長官)

山田桂一郎氏 (特定非営利活動法人コンパス代表)

プログラム:

10:00~12:10「島の観光会議 ~地域における、これからの観光の役割とは~」

◎基調講演:田端浩氏 「これからの観光が担う、地域の希望とは」

◎事例紹介:山田桂一郎氏「スイス・ツェルマット、気仙沼における、観光が担っている可能性」

◎パネルディスカッション「地域が観光に求めるものとは」

ねらい:

観光には可能性がある。観光は地域の総合産業である。地場産業の成長、

雇用創出、人材育成、域内経済循環、環境保全、島の文化の保全・・・。

観光は、そのすべてに寄与し、貢献できるポテンシャルがある。

しかし、それを観光事業者だけで閉ざしてしまえば、どれも絵に描いた餅となってしまう。

地域住民が関心を抱き、一緒に歩み出さなければ、机上の空論に過ぎない。

地域住民が一体となり、観光に向き合い、取り組むことで、そのポテンシャルを引き出すことができる。

海士町がこれから目指す姿を地域一体となって描き、実践していくために観光事業者だけでなく、

海士町のこれからの産業を真剣に考え、担っていく関係者で観光の可能性について、もう一度しっかりと考える場としていきたい。